トップ > 「演劇部!」 > ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」"勝者と敗者" ゲネプロレポート

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」"勝者と敗者" ゲネプロレポート  [演劇部!]

この記事を・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加




ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」”勝者と敗者”ゲネプロ観劇レポート!

haikyu1.jpg

 

―――

実際のバレーボールの試合を観るように、烏野高校の試合を、観戦する。
まるで原作の試合会場に足を踏み入れたような、そんな新しい「ハイキュー!!」体験。

    漫画で、アニメーションで、バレーボールの描写に拘り続けた
集英社「週刊少年ジャンプ」にて絶賛連載中の大人気バレーボール漫画「ハイキュー!!」が、
そんな"観戦"というキーワードを求めて新たな頂を目指して舞台化。

「ハイキュー!!」の魅力である人間ドラマを熱い演劇で、
そして「ハイキュー!!」のもう一つの魅力であるバレーボール描写を、
最新映像テクノロジーを駆使して表現。

2015年11月に初演、2016年4月に再演 "頂の景色"、
2016年10月に"烏野、復活!" を上演し、各地で熱狂を巻き起こした。
新作 "勝者と敗者" はシリーズ3作目となる。

ハイテクとアナログが高次元で融合した
漫画×演劇×映像のハイブリッドパフォーマンスで、
さらなる進化を遂げる演出で演劇の "頂" に挑み続ける!!(公式サイトより引用)


―――

シリーズ3作品目だからこそ魅せられる、雑食のカラスたちの進化する過程。

前作までのAiiA 2.5 Theater Tokyoではなく、その倍以上の座席数のあるTOKYO DOME CITY HALLという広い「体育館」に場所を移して繰り広げられる演劇「ハイキュー!!」。
 
雑食のカラスと称される烏野高校排球部が強豪·青葉城西高校との因縁の再試合に挑む。
前作のライバルチームとして登場した音駒高校や伊達工業高校の試合スタイルを喰らって進化した烏野高校排球部の姿はまだ不安定で成長過程だが確実に強く、熱く羽ばたいていた。
 
対する青葉城西は完成されたクラシックオーケストラのようだが、過去、現在と烏野と対峙していくことでさらに洗練されていく。

―――

須賀「音楽との寄り添い方が強よまったと思います。
一つがひとつの協奏曲のような作品になっていると思います。」
木下「ようやくハイパープロジェクション演劇になったかな」
(囲み取材より)

チューニングの音から始まる演劇「ハイキュー!!」"勝者と敗者"。

囲み取材で須賀健太が「協奏曲」と言ったようにチームのカラーによって鳴り響く音が合わさると、ひとつの交響楽団から奏でられる演劇「ハイキュー!!」という音楽に生まれ変わる。
印象的な音や踊りで演出される試合形式はまるでダンスバトル。
相手の動きに対して攻守が入り変わる姿は目が足りなくなるほどとにかく走り、飛び、動き回り、まだまだ若い彼らの熱演が青春を思い出すように熱くなる。
 
 
haikyu7.jpg
haikyu11.jpg

原作者の古舘春一の漫画は台詞や文字での効果が特徴的だ。
その特徴をうまく3次元に起こすための音や動き、映像、光や影は「ハイパープロジェクション演劇」として新たな風を巻き起こしている。

 

及川、岩泉、影山の中学時代の話を交え、過去の葛藤と現在の試合がシンクロしながら進む姿や、'及川ファン’をはじめとする演劇的な遊び心などのを含めた2時間55分の「観戦」はあっという間に過ぎていった。
 
 
haikyu6.jpg

haikyu12.jpg

―――

彼らが'飛ぶ'ために巻き起こす熱風
 
”たとえどんなことがあっても吹き飛ばされちゃだめだ。たとえ逆風でも、味方につけるんだ。”

舞台ならではの肌で感じられる息遣い、足音、視線や身体のうごき、呼吸、バラバラだった一人ひとりがひとつのチームとなって勝利へのと追い風を吹かせている。

彼らの巻き起こす熱風をぜひ浴びていってほしい。

 


演情報

東京公演(TOKYO DOME CITY HALL):2017年3月24日(金)~3月26日(日)
宮城公演(多賀城市民会館 大ホール):2017年3月31日(金)~4月2日(日)
大阪公演(梅田芸術劇場 メインホール):2017年4月13日(木)~4月16日(日)
福岡公演(キャナルシティ劇場):2017年4月21日(金)~4月23日(日)
東京凱旋公演(TOKYO DOME CITY HALL):2017年4月28日(金)~5月7日(日)


公式サイト:http://www.engeki-haikyu.com/

原作:古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
演出:ウォーリー木下
脚本:中屋敷法仁・ウォーリー木下


ライブビューイング決定!
2017年5月7日 18:00〜

Blu-ray&DVD 発売決定!
発売日:2017年 9月13日
Blu-ray:9,000円+税
DVD:8,000円+税
仕様:本編+特典映像 Disc1:本編+カーテンコール Disc2:大千秋楽全景映像+キャスト出演による特典映像

 

© 古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会


☆動画はこちら!


★ミライカナイチャンネル 演劇部 公式twitter : https://twitter.com/miraikanai_en



この記事を・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加


<<前の記事 次の記事>>

PROFILE

■カナイスト号

ミライカナイ演劇部の記事です。