トップ > 「演劇部!」 > 舞台『男水!』ゲネプロレポート!

舞台『男水!』ゲネプロレポート!  [演劇部!]

この記事を・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加




2017年5月10日東京・シアター1010で行われた舞台『男水!』のゲネプロをレポート!

 


IMG_2126.JPG

 

―――


舞台『男水!』とは
2017年1月に日本テレビ他にてドラマ放送を開始し、同キャストで舞台化という日本テレビ初のドラマ&舞台連動企画。
原作は白泉社「花LaLaONLINE」で連載中の木内たつやにより描かれる男子競泳部活漫画「男水!」。
舞台を中心として活躍している役者が映像の仕事にも挑戦できるきっかけになるようなプロジェクトを作りたいということで始動した『男水!』プロジェクト。2017年1月に放送されたドラマ版『男水!』では深夜枠ではありながら初回3.7%の高視聴率を記録したりDVDのオリコン週間ランキング一位を獲得するなど、役者や舞台、原作ファンのみならず幅広い視聴者を獲得した。
そして今回、役者たちのホームグラウンドである舞台に戻り迫力のステージを織りなす「男水!」プロジェクトの最終章、舞台『男水!』。
競泳男子たちの熱い青春の物語が始まる。
 
<あらすじ>
「より速く泳ぎたい!」
ピュアな思いを持った秀平・大樹・礼央の3人は、水泳界の名門私立「龍峰高校」の推薦テストをきっかけに、純粋さ故に傷つけあってしまう…
1人は名門私立「龍峰高校」水泳部へ、2人は廃部寸前の都立「東ヶ丘高校」水泳部へ
もう、交わることがないと思われた3人の運命は、彼らがかつてあこがれた選手・川崎亮也が現れ、東ヶ丘高校水泳部のコーチを引き受けたことで大きく動き出す…
 
―――
 
Take your marks!てっぺんを目指して泳ぎだす

IMG_2284.JPG



'テレビドラマ×舞台'という夢のような企画でスタートした『男水!』
メインキャストが2.5次元舞台・ミュージカルの主演クラスという豪華なキャスティングの舞台『男水!』が5月11日から東京・シアター1010で幕にて上がった。
主演はミュージカル『薄桜鬼』や舞台『K』などで主演を多数務め、仮面ライダーシリーズのレギュラー出演など活躍を広げている松田凌。
ライブ・ファンタジー「FAIRY TAIL」や舞台「青の祓魔師」で主演を務めた宮崎秋人、舞台「戦国無双」などで主演を務める安西慎太郎など、'2.5次元舞台・ミュージカル'のみならずエンターテイメント舞台にはいなくてはならない役者達が勢揃いした。
 
演出・脚本は、いま爆発的人気を誇っている超歌劇『幕末Rock』シリーズや音楽劇「金色のコルダ」ミュージカル「ヘタリア」、ミュージカル『スタミュ』など'2.5次元舞台・ミュージカル'ファンの中で安定の人気を誇る吉谷光太郎が手掛ける。

IMG_2207.JPG
IMG_1731.JPG
IMG_1887.JPGIMG_1756.JPGIMG_2191.JPGIMG_2224.JPGIMG_1825.JPGIMG_1777.JPG
 
「なんのために、泳ぐのか」

IMG_1987.JPG

ドラマ版とは違い、それぞれにスポットが当たる舞台『男水!』は熱い青春群像劇。
榊秀平(演-松田凌)、篠塚大樹(演-宮崎秋人)、藤川礼央(演-安西慎太郎)、3人の約束の物語と共に、小金井晴美(演-赤澤燈)の過去、滝結太(演-佐藤永典)と原田ダニエル(演-神永圭佑)一年生二人の成長、そしてライバル龍峰高校の平光希(演-小澤廉)、仁科譽(演-黒羽麻璃央)、神宮一虎(演-池岡亮介)それぞれの想いなどが明かされる。

IMG_1822.JPG
IMG_1860.JPG
IMG_1878.JPGIMG_2217.JPG
ひとりひとりがキラキラと光り輝く姿は水面に反射する太陽のよう
 
IMG_2198.JPG
舞台の醍醐味である「水泳表現」はプロジェクションマッピングや、音や光、舞台装置のギミックが多数使われ、それらの「水」をモノにする役者たちの余すところなく披露される肉体美は必見だ。
ドラマ『男水!』ではプールを映すだけで、実際に泳げば成立する表現を「劇場」ではどのように表現していくのかというワクワク感を裏切らず、観客の想像力を膨らませられる舞台『男水!』はより高い'てっぺん'を観ることが出来た。

IMG_2106.JPGIMG_1777.JPGIMG_1802.JPGIMG_1719.JPG松田は囲み取材で初日を迎えるにあたって
「舞台『男水!』という作品の幕が上がることは緊張もあり高揚もあり全キャスト・スタッフがいろいろな思いを抱えて明日の初日を迎えると思うんですけど、ドラマでは感じられなかった自分たちの生のお芝居というものをしっかりと東京・大阪で、またライブビューイングの方も観ていただけるということで、多くの皆さんに自分たちが迷いながらも全身全霊を込めて絞り出したお芝居というものを感じていただけると思います。そういった舞台『男水!』是非観ていただければこの世界に入っていただけると思うので千秋楽までどうかよろしくお願いします。楽しみにしていてください。」と語った。

 

演情報


東京公演:2017年5月11日(木)~21日(日)
大阪公演:2017年5月24日(水)~28日(日)


原作:男水!(木内たつや/白泉社『花とゆめ』)
演出・脚本:吉谷光太郎
衣装協力:MIZUNO
協力:フィールズ株式会社
制作協力:サンライズプロモーション大阪
企画制作:日本テレビ
制作:ポリゴンマジック
主催:男水!製作委員会
公式HP:http://www.ntv.co.jp/dansui/
公式Twitter:https://twitter.com/dansui_pr


◆出演:松田凌 宮崎秋人 安西慎太郎

赤澤燈 佐藤永典 小澤廉 黒羽麻璃央 池岡亮介 神永圭佑

齊藤教兵 奈須田雄大 津嘉山寿穂 櫻井圭佑 上村海成
河野洋一郎/廣瀬智紀

毛利光汰 佐藤葵 兼尾洋泰 加来亮凪 吉田邑樹
山田諒 町田尚規 神田聖司 村上貴亮 深澤悠斗 

★「男水!」上巻・下巻 Blu-ray&DVD 好評発売中!
http://www.vap.co.jp/dansui/

★全国54ヶ所の映画館にて大千秋楽ライブ・ビューイング配信決定!

日時:2017年5月28日(日)17:00 開演

■チケット料金 ¥3,800(税込/全席指定)ライブ・ビューイング限定オリジナルブロマイド付き
※オリジナルブロマイドはライブ・ビューイング当日、映画館にてお一人様に付き一枚お渡しします。

【一般発売(先着順)】  
2017年5月18日(木)19:00 ~ 2017年5月26日(金)12:00
■ e+(イープラス):http://eplus.jp/dansui-stage-lv/ (PC、モバイル共通)
または、全国のファミリーマート店内の端末「Famiポート」にて直接販売
※一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。

ライブ・ビューイング詳細はこちら→http://liveviewing.jp/contents/dansui/


(C)男水!製作委員会

☆舞台『男水!』囲み取材レポート!!はこちら⇒http://www.miraikanai.ch/cat162/170511001882.html


★ミライカナイチャンネル 演劇部 公式twitter : https://twitter.com/miraikanai_en



この記事を・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加


<<前の記事 次の記事>>

PROFILE

■カナイスト号

ミライカナイ演劇部の記事です。